1型糖尿病(IDDM,インスリン依存型糖尿病)で愛知県・岐阜県の患者・家族会

picture

  • HOME
  • >
  • 行事
  • >
  • 個別行事結果
  • >
  • 令和元年度サマーキャンプ

サマーキャンプの報告 (8月9~13日、四日市少年自然の家)

 8月9日(金)から、13日(火)まで、第46回東海地区小児糖尿病サマーキャンプが行われました。サマーキャンプでは、小学3年生から中学3年生までの患児51名が参加しました。
 また、対象年齢に達していない子ども達とその家族を対象に、つぼみの会が担当するミニキャンプが9日(金)と10日(土)にて日帰り&1泊2日で行われました。ミニキャンプには総勢19家族62名と大勢の家族が参加されました。
 
 ミニキャンプでは1日目は暑~い体育館での開会式のあと、屋外での宝探しゲームそして水鉄砲とシャボン玉でみんなびしょ濡れになって走り回り、夕方からは本キャンプと合同の「お祭り」に参加しました。お祭りの屋台には焼きそばやから揚げだけでなく、チーズドッグや韓国料理、肉巻きおにぎりやタピオカミルクティーなど今時な食材も準備され、とても小児糖尿病のサマーキャンプとは思えないメニューでしたが、主催者側の「基本なんでも食べていいのだ!」という強い思いが十分伝わってきました。ゲームでは射的や水上歩き、トランポリンなどを大いに楽しみ、フェイスペインティングもありました。その後花火もやり、改めて本キャンプのすごさを満喫しました。


     夜の保護者の相談会には、三重病院 貝沼先生とポストキャンパー(患児のOB,OG)も同席され、様々な質問にお答えいただきました。ポストキャンパーさん、ありがとうございました。
 2日目は朝の散策と懇談会、歯科検診、そしてお昼は屋外調理場にて、みんなでピザとポトフを作りました。 ピザは生地を自分たちで練って窯で焼き上げるという本格的なピザでお腹いっぱいでした。このキャンプでいっぱい仲間が出来ましたね。やはり仲間作りが一番大事ですね。
 

 
★ミニキャンプに参加された方の感想★

●1型の子ども同士、楽しく遊び、また1型の親同士が不安な事などを話し、少しでも気持ちが和らぐ場所。1泊だったので、子ども同士短い時間でしたが、自分だけじゃない!と、勇気をもらえた場になったと思います。私自身も、わたしだけじゃないと安心できました。

 

●子どもに、同じ1型の友達ができること。自分以外にもがんばっている友達がいることをわかってほしかった。1型の子も、きょうだいの子もみんな一緒になって楽しそうに遊んでいました。子ども同士の交流がたくさんできるようになっていました。ありがとうございました。

 

●親子共々、とても充実した楽しい時間を過ごすことができました。たくさんのスタッフの皆さん、ポストキャンパーの皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。来年も是非参加させていただきたいです

 

●母子ともに同じ病気をもった人達と知り合い、友達ができることを第1目標に参加しました。その期待とおりになり、子どもがとても楽しんでくれたので、良かったです。

 

●とても貴重な機会を本当にありがとうございました。今まで1型の子ども・家族と交流がなかったのですが、今回たくさんの考え方や生活スタイルを知り、心強い思いです。また、ポストキャンパーさんのお話は子どもの未来を見るようで勇気が出、またホットしました。