1型糖尿病(IDDM,インスリン依存型糖尿病)で愛知県・岐阜県の患者・家族会

picture

教職員向け研修会の報告

 

 毎年恒例になった令和元年度「1型糖尿病患児の療養および学校との連携についての研修会」が、7月31日(水)にウインクあいちにて開催されました。今年で19回目となります。学校の養護の先生を始め総勢87名の先生方が出席され、大変有意義な会となりました。1型糖尿病の事を理解して患児の学校生活の助けになろうとする教職員の方々の姿勢には本当に頭が下がります。
 
 

 最初に、杢野医院の杢野先生から、病気の基礎的な内容や特徴をイラストなどでわかりやすく説明がありました。杢野先生は2001年の初回から19年間もこの研修会で講師をして頂いています。昔は、死に直結する病気であったが、インスリンの発見により、健康的な生活ができるようになったこと、今ではプロスポーツなどで活躍している人が多いことなどが紹介されました。
 次に、患者側からの体験談として、当会会員の中学生とそのお母さんからのお話がありました。時系列にお母さんがお子さんにインタビューする形式で進められましたが、“あっけらかん‘とした回答が会場を和やかにしてくれました。
 その後、当会の山下会長より、患児たちの体験事例集を元に、どんな場面でどんなことを考えているのかなど主に心の動きを中心にお話をしていただきました。
 最後の質疑応答にはたくさんの質疑が出て、それぞれに応答をして、充実した研修会であったと思います。 
 
先生方の感想(一部)
  • 低血糖時の対応の仕方について段階別に症状と対応の仕方があったのでよくわかりました。
  • 成長していくたびに考え方が変わったりするので経過をみて様子を見て対応しないといけないと感じました。
  • 質疑応答も活発に行われ、とても良い研修会でした。
  • 色んな患児がいて個人差があること、悩みがある事、わかりやすいお話でした。
  • 生徒が低血糖になるといつもドキドキしながら対応しています。先生のお話を聞いて、今後は本人の個性だと思って対応していきたいと思います。
  • 経験のない学校は構えてしまいがちです。親御さんの説明や対応で学校の対応も変わってくると思います。
  •  誤解が多いことが分かりました。まずは教員への周知を図りたいと思います。
  • 糖尿病患児を対応する不安が無くなったような気がします。やはりこのような研修会で病気を理解することが大切ですね。